象の鼻-麒麟の首筋.com

文学者になりきれず周縁部でおまつりさわぎをするの巻

第159回芥川賞⑱ 芥川賞直木賞受賞発表

今回は波乱の候補に対して順当な結果という、非常に芥川賞直木賞らしい選考だった。

BGMにニコ生をかけながら執筆するこの時間は、半年に一度の至福の時間だ。

 

受賞予想

芥川賞

送り火」高橋弘希(『文學界』5月号)

「風下の朱」古谷田奈月(『早稲田文学』2018年初夏号)

 

直木賞

『ファーストラブ』島本理生文藝春秋

『破滅の王』上田早夕里(双葉社

 

受賞作

芥川賞

送り火」高橋弘希(『文學界』5月号

文學界2018年5月号

文學界2018年5月号

 

 

直木賞

『ファーストラブ』島本理生文藝春秋

ファーストラヴ

ファーストラヴ

 

 

受賞作は2作とも文藝春秋。まさに順当。私の受賞予想は芥川直木ともに2作受賞を予想しており、それぞれ片方は的中したのだが、私の中の本命としては、それぞれ的中しなかった「風下の朱」『破滅の王』だったのだ。受賞すると強く思っていたわけではなかったが、いざ結果を見るとやはりちょっぴり寂しい。もちろん受賞した2作は本当に素晴らしかったので、選考結果に意義はない。

 

候補発表からほどなく、「美しい顔」騒動があったり、『早稲田文学』騒動があったりしたが、ふたを開けてみればいつも通りの芥川賞。実家のような安心感。

受賞した高橋さんの作品は暴力描写がきちんと読者の眉をひそめさせるだけの力を持っており、しかもその描写が作品のテーマにうまく結実している。そこが一番の受賞の決めてだったのではないだろうか。

 

直木賞の方は、正直前回の候補作の方が私の好みだったのだが、人間をきちんと描く、という根幹をしっかり守ってくれた秀作が受賞したのだと思う。島本さんのこれまでの歩みは勝手に見てきたので、直木賞の受賞は素直にうれしい。

 

受賞しなかった作品も含めて、2018年上半期の純文学は、読書の面白みとして味が濃かったと思う。下半期はいったいどんな作品が待っているのだろう。過度に期待はせずぼちぼち読んでいこうと思う。

大衆文芸はあまり大きな騒ぎは聞かなかった。ついこの間、『ルビンの壷が割れた』で世間を騒がせた宿野かほるさんが第2作を発表されたくらいか。159回がいろいろと面白過ぎたのでしばらくは穏やかな日々でもいーや、と思っている。

 

さあここから受賞者の会見だ。お祭りはまだまだこれからぞ。

 

第159回芥川賞⑰ 番外編Ⅲ 直木賞受賞作予想決定版 『じっと手を見る』窪美澄(幻冬舎刊) 『未来』湊かなえ(双葉社刊)

室温摂氏36度、2週間前に買った和風ツナマヨのおにぎりを発見して小さく悲鳴を上げる。どれだけ疲れていても食べ物の類は絶対に粗末に扱わないことを固く誓った夏の夕方。

いよいよ芥川賞直木賞の発表が近づいてきた。すでに選考会は始まっているはずだ。ドラゴン村上のいない、平和でちょっとだけ寂しい選考会が。

このあと18時からはニコ生が始まる。開場は17:50なのでアリーナに入りたい人はPC前に早めに集結だ!

 

芥川賞の方は完璧だが、結局直木賞の候補作は2作余してしまった。『宇喜多の楽土』と『傍流の記者』だ。どちらも男性作家の手によるもの。宇喜多は前評判も高く前作も評価する声が多かったのでぜひ読もうと思っていたのだが、せっかくなら捨て嫁から、というミーハー心が邪魔をして手つかずのまま今日を迎えた。本城さんは私の直木賞センサーがどうにも反応しないので後回しにしていたらこんなことになってしまった。ごめんなさい。

 

さて釈明はここまで。もう時間もないので読んだ2作について取り上げ、ついでに直木賞の受賞作予想をまとめる。

 

窪美澄さんの『じっと手を見る』は連作形式で、登場人物が同じなので長編として読むことが出来るが、やはり作品ごとの出来不出来にムラが見られ直木賞においては不利だという印象を持った。

じっと手を見る

じっと手を見る

 

私が最も高く評価したのは「水曜の夜のサバラン」である。親子モノに弱いのだ私は。

人間が互いに甘えて寄りかかる鬱陶しさが通底して描かれており、それでいて後味は悪くないのだからうまい。しかしうまいだけでは直木賞として推すには心許ない。滋味深い人間の機微を見せるにしては記述が控えめすぎて物足りない。何言ってるのか私自信わからなくなってきたが、直木賞の選考委員ぽいコメントではないだろうか。まとめると、受賞作には一味足りないというのが私の意見。

 

次に湊かなえさんの『未来』について。

未来

未来

 

 お話の意地悪加減はさすが湊さんとうならざるを得なかったが、私が一番悲惨な人物だと思った学校の先生真唯子には救いが用意されていたりと、やはりこの作品も徹底度合いが物足りない。

少女の手記という形態で進んでいく本作を読んで、アンネの日記と印象が重なる部分があった。しかしアンネという人物は実在したしアンネの身に降りかかった出来事もすべて事実である。それに比べて『未来』は作り話であり、早坂に苦しめられた章子もいなければ親父に虐げられた亜里沙もいない。お話なんだから、もっとやれ!と私の中の意地悪な部分はずっと騒いでいた。しかしそれでも読者を離さない筆力は圧倒的だった。虐待シーンなど読みながら身をよじってしまった。湊さんの実力はこの作品でも十分に伺うことができるが、この作品での受賞はあまりうれしいことではないかもしれない。

 

受賞作予想

という流れを踏まえて受賞作を予想する。

 

本命:受賞作なし

 

対抗:『ファーストラブ』島本理生文藝春秋

   『破滅の王』上田早夕里(双葉社

 

大穴:『未来』湊かなえ双葉社

 

と言ったところ。湊さんも島本さんも受賞したら「ホッとしました」と答えるだろう。

 

投稿前に17:50を過ぎてしまったが、今日はお祭りを楽しもうぞ。

第159回芥川賞⑯ 受賞作予想

いよいよ明日は芥川賞発表日だ。

世間はサッカーのワールドカップが終わり、お祭りは終わったと思っているだろうが、私たちのお祭りはこれからだ。お祭りの観戦に備えてケンタッキーとコーラを準備したいと思う。無条件でテンション上がりませんか?ケンタッキーとコーラ。

候補作のまとめはこちら

 

総評

候補作のレベルは総じて高かった。候補作以外でも松井周さんの「リーダー」、新庄耕さんの「サーラレーオ」、谷崎由依さんの「藁の王」など読んでよかったと思えるものが多かった。何度も蒸し返して恐縮だが、ここに陣野さんの「泥海」なんかが紛れてしまっていたらガッカリだったろう、そうならなくてよかった。しかし入ってくる可能性はかなり高いと思っていたので意外だった。

今回の芥川賞はいろいろ話題に事欠かない印象だが、なかでも一番は「美しい顔」剽窃疑惑だろう。参考文献を明示しなかっただけでなく、ノンフィクション作品のクリエイティブな表現の部分から文末や語尾を変えただけの丸パクリをしていたのだから非難されることもあるだろう。しかし私はこの作者には本当に書く力があると思う。たとえ一部分表現をパクっていたとしても、物語の骨子までパクったわけではないようだ。そうである限り私はこの作家の力を否定しない。ただこの作品で芥川賞の候補を受けるべきではなかったと思う。講談社による経緯説明によれば、5月中には問題が顕在化していたようだ。ならば芥川賞の話が出た時点で辞退も考えたはずだ。そうすればここまで問題も大事にならなかったかもしれない。今回の候補入りは徒に名誉を傷つける結果に終わるのではないだろうか。一連の流れすべてに関して、『群像』や講談社の対応はあまりよくなかったと思う。

 

受賞作予想

そんな力作ぞろいの今回の芥川賞だが、改めて受賞作を予想する。

受賞予想作は

送り火」高橋弘希(『文學界』5月号)

「風下の朱」古谷田奈月(『早稲田文学』2018年初夏号)

の2作である。

前回も2作受賞なので微妙なところではあるが、今回は2作受賞にしてほしい。芥川賞史からいくと、力作ぞろいの回はかえって1作受賞に落ち着く傾向にあり、涙を呑んだ候補作品、候補作家も数多い。そう考えると高橋さん1作かもしれないが、古谷田さんの作品は何度でも言うが「題名が良い」のだ。題名が良い作品は名作だという私の中の定義を踏まえると、どうしても「風下の朱」は推さないわけにはいかない。受賞したら単行本買うよ。

無限の玄/風下の朱 (単行本)

無限の玄/風下の朱 (単行本)

 

 他の候補作に関して言うと、まず松尾スズキさんは本当に面白い作品を書かれました。ただどうしても「ギャグ枠」という印象を拭えず、過去で言うと羽田さんの「メタモルフォシス」や戌井さんの「ひっ」と似た印象だ。松尾さんはすでに芥川賞の枠に収まらない活躍をしていると思うので受賞の必要もないだろう。という身勝手な判断。

町屋さんは以前のブログでも触れた通り、作品のなかで出来不出来にムラが感じられた。今作の着想であればあれほどの長さがなくともまとまると思うので、構成を見直して短編にリライトしてみてほしい。(偉そう)

最後に北条さんだが、やはり今回は涙を呑むことになるだろう。それは作品の出来不出来によるものではない。作品にまつわるワイドショー的ネタのせいである。これは作者自身の責任でもあるだろうが、担当編集者たちの怠慢によるところもあるだろう。次作が日の目を見ることを期待しているので、早めに159回のことは忘れて執筆に取り掛かられることをおすすめします。

 

猛烈に眠くなってきたが、これから窪美澄さんの『じっと手を見る』を読む。眠気を吹っ飛ばすような作品なのだろうか。果たして...!

第159回芥川賞⑮ 番外編Ⅱ 直木賞受賞作予想『破滅の王』上田早夕里(双葉社刊)

今回の直木賞双葉社から2作候補入りしている。双葉社といえば「クレヨンしんちゃん」で有名な『漫画アクション』や『月刊まんがタウン』などを発行している出版社だ。直木賞との縁は薄く、なんと候補入りした最新の記録は第116回(1996年度下半期)の篠田節子さんの『ゴサインタン』という作品だ。ちなみに篠田さんは同作で山本周五郎賞を受賞している。

そんな双葉社の候補作『破滅の王』は熱心に史実を調べ上げたうえに築かれた、たいへんな労作である。参考文献の数が労を物語っている。

破滅の王

破滅の王

 

時は第二次世界大戦。主人公宮本敏明は細菌学を修了し上海自然科学研究所で研究者として働き始める。科学を共通言語に掲げ、人類の発展のみを希求する科学者たちも時代の波に呑まれてゆく。身近な研究者たちの死亡や失踪などが相次ぐなか、宮本は軍から招集を受け、極秘情報としてある細菌「R2v(キング)」の情報を渡される。その細菌はまだ特効薬が開発されておらず、感染すると治療の手立てはないという代物だ。キングを取り巻く科学者と軍関係者のやり取りはそれぞれの言い分に引き付けられる。誰もが理想とする世界を描いており、現代人よりも生き生きして見えたのはきっと小説だからだろう。

続きを読む

深海で肥大するウミグモのように、思春期のエゴは現代でこそ無限に肥大する ~てらさふ 朝倉かすみ~

さいきん芥川直木賞関連の作品の読み込みをさぼっている。前回記事を更新してからの2週間は、結構体調を崩していた。その間、『楢山節考』『スタッキング可能』『異人たちとの夏』『海と毒薬』『ららら科學の子』『パンク侍、斬られて候』などを読んでいた。以下に、オススメしたいものだけリンクを貼っておくが、特に紹介はしない。

楢山節考 (新潮文庫)

楢山節考 (新潮文庫)

 
異人たちとの夏 (新潮文庫)

異人たちとの夏 (新潮文庫)

 
海と毒薬 (新潮文庫)

海と毒薬 (新潮文庫)

 
パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

 

 気になったものがあればジャケ買いしてみてほしい。

 

そして永らく更新しないうちに芥川賞候補作に盗用疑惑が発生した。作品そのものに対して私は好意的な印象を持っている。盗用してしまう作者の神経に対しては疑問を投げざるを得ないが、盗用だけであの作品は成り立たないだろう。騒動が落ち着いたら次の作品が発表されることを楽しみにしている。

続きを読む

第159回芥川賞⑭ 受賞作予想「風下の朱」古谷田奈月(『早稲田文学』2018年初夏号)

 五代文芸誌にばかり目を取られていた私を嘲笑うように飛び出てきた候補作。ここ最近の傾向から考えれば当然あり得る線だったのだ。早稲田文学小説トリッパーは見ていたのだが、分量的に芥川賞の範疇だった高山羽根子さんの掲載作はあまりピンとこなかったので流してしまった。早稲田文学はノーマークだった。。。

早稲田文学2018年初夏号 (単行本)

早稲田文学2018年初夏号 (単行本)

 
続きを読む

第159回芥川賞⑬ 番外編Ⅰ 直木賞受賞作予想『ファーストラヴ』島本理生(文藝春秋刊)

受賞作予想編、開幕からいきなり番外編。島本さんの直木賞候補作『ファーストラヴ』を読んだ。

ファーストラヴ

ファーストラヴ

 

 いまリンクを張り付けて気付いたが、発売日5/31って今回の直木賞の候補に挙げられるぎりぎりの瀬戸際に発売されたんだなあ。(上半期の直木賞は前年12月~5月までに発表された作品が対象となる)

続きを読む