象の鼻-麒麟の首筋.com

お便りはこちら→tsunakokanadarai@gmail.com

第160回芥川賞㉚ 受賞作決定(直木賞も)

芥川賞

受賞作

上田岳弘 「ニムロッド」 (金盥予想:大穴)

町屋良平 「1R1分34秒」 (金盥予想:本命)

 

直木賞

真藤順丈 『宝島』(金盥予想:無印)

 

 予想的中率は50%を下回る。作品ごとの方向性にかなりばらつきがあり選考の場でどのような議論があったのか気になるところ。今村さんはやっぱり残念。早めに心の準備をしてたから堪えられたけど、けっこうショックだ。

 『宝島』はまだ読んでいないので早くよみたい。下馬評では一番手だったのかな。それにしても上田さんはようやく救われたけど森見さんはまた足蹴にされるのね。ひどいわ。町屋さんは危なげなかったね。ただいずれにしても前回のような決め打ちできる候補者はいなかったので結果をみて「ほお」とため息ともなんともつかない吐息をひとつ。

 とにかく『宝島』だけは読もうと思うけど、これからしばらくは文学賞からは距離を置きたいな。意識的に。映画とかもっと見よう。あと散歩したい。『女帝』も8巻で止まっちゃってるよ。というわけでしばらくはぜんぜん違う記事を更新していく所存。といいつつもまた戻ってきちゃうかも。

 まあとりあえずはこんな文章は早めにうっちゃって受賞者のインタビューを見ようね。

 

 

 

第160回芥川賞㉙ 受賞作予想確定版(直木賞も)

 お祭りに備えて私は早退してきた。

 年に二度。お祭りとしてはしょっちゅうやりすぎの感あり。でも回数減ったら悲しいからこのままで。

 それでは最終的な受賞予想を発表しよう。今回は本家の結果をシビアに予想する。しかし隠し切れない私の好みがもれいづるさやけさも感じてもらえれば幸甚である。

続きを読む

第160回芥川賞㉘ 番外編Ⅴ 直木賞受賞作予想『ベルリンは晴れているか』深緑野分(筑摩書房)

 

ベルリンは晴れているか

ベルリンは晴れているか

 

  ミステリーとして評価が高い印象だが、むしろミステリーは付加的な要素だった。骨子にはWWⅡやナチスがドイツに遺したものに翻弄されるひとびとの生活があった。『アンネの日記』や『アドルフに告ぐ』ですでにある程度の素養を得ていたからかもしれないが、当時の生活がとても実感を持って湧き上がってきた。そして改めて『乙女の密告』を読み返したくなった。

 直木賞を取れるかというと残念ながら厳しいとは思う。読み物としての面白さが森見さんや今村さんに勝っているとはとても言えない。物語の背景に何を持っているかという強さはあるが、それも他の作品と比べてはるかに優れていると言えるほどではない。非常に身もふたもない言い方になるが、この作品は中途半端というかあまり心に残らないのだ。もしミステリーとして際立った部分があればまた違ったのだろうが、そちらの側面も非常にオーソドックスでそつなくまとまっているという印象だ。あとから論じる気にもあまりならない。選考委員諸氏は責任をもって選考にあたるだろうが、一読者としてはそこまでする義理はない。受賞作として広く世に知れ渡るべき作品はほかにある。

第160回芥川賞㉗ 受賞作予想「ニムロッド」上田岳弘(『群像』12月号)

  今回はできる限り一度読んだ作品も再読して受賞作予想をしようと思う。

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

  再読したところ「こんなに薄い話だったか」という感想を抱いた。知らない世界を垣間見ることができたというところにこの作品の面白さはあったのだろう。ならば再読で同じだけの面白さを感じることは難しいだろう。駄目な飛行機コレクションや鼎談を機にニムロッドや田久保紀子と連絡を取れなくなったことをどうとらえるか、涙というモチーフの効果などいろいろ考えるものはありそうだが、強く興味を抱くかと言われるとそうでもない。今回の候補作には横文字を多用するものが多かった。そのすべてがはたして自覚的にそれらのモチーフを使いこなすことができているのかと言うと甚だ疑わしい。独り善がりな前衛芸術ではなく、もっと小説と正面から組み合ったような作品が読みたい見てみたい。

第160回芥川賞㉖ 番外編Ⅳ 直木賞受賞作予想『童の神』今村翔吾(角川春樹事務所)

このタイミングで今年の最高傑作に出会えるとは思わなかった

童の神

童の神

 
続きを読む

第160回芥川賞㉕ 受賞作予想「戦場のレビヤタン」砂川文次(『文學界』12月号)

なぜ候補入りしたんだろう

文學界 2018年12月号

文學界 2018年12月号

 

 わからないなあ

続きを読む

第160回芥川賞㉔ 受賞作予想「ジャップ・ン・ロール・ヒーロー」鴻池留衣(『新潮』9月号)

なにがなんだかわからなかった

新潮 2018年 09 月号

新潮 2018年 09 月号

 

以前読んだときは適当に読み飛ばしてしまってなにがなんだかわからなかった

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

今度はじっくり時間をかけて、されどなにがなんだかわからなかった

続きを読む