象の鼻-麒麟の首筋.com

文学者になりきれず周縁部でおまつりさわぎをするの巻

おそらく、いまのわたしの大部分を形作るものたち 他人にムリにでも押し付けたい作品群

ある友人から「オススメの本のリストを作ってほしい」と言われた。いい機会なのでこれまでに溺れるほどに摂取し続けた作品群の中から選りすぐりの「いやだと言っても無理にでも押し付けたい作品群」リストを作ってみようと思う。本に限らずアニメや漫画も存分に含む。

本記事は随時追記していく予定である。

 

 

小説

赤染晶子乙女の密告』(新潮文庫

第143回芥川賞受賞作。以下の記事に詳しい。

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

 

伊吹有喜『彼方の友へ』(実業之日本社

第158回直木賞候補作。戦前の出版社で女性編集者が奮闘するお仕事ラブストーリー。朝ドラの世界観に近い。最後の編集長からの手紙が心に深く刻み込まれた。

彼方の友へ

彼方の友へ

 

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

 

内田春菊ファザーファッカー』(文春文庫)

第110回直木賞候補作。徹底的に劣悪な環境のなかで人はどのように苦しみ行動するのか。

ファザーファッカー (文春文庫)

ファザーファッカー (文春文庫)

 

 

 

荻原浩『海の見える理髪店』(集英社

表題作を含む短編集。第155回直木賞受賞作。とにかく表題作だけ読んでほしい。

海の見える理髪店

海の見える理髪店

 

ち読みでいいから。

恩田陸蜜蜂と遠雷』(幻冬舎

第156回直木賞受賞作。ピアノコンクールを舞台にした青春群像劇。賞レースが大好物な私は賞を取り巻く人の心の動きに非常にエキサイティングさせてもらった。

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

 

門井慶喜銀河鉄道の父』(講談社

第158回直木賞受賞作。父であり過ぎた宮澤政二郎の深い愛にうちのめされる。

銀河鉄道の父

銀河鉄道の父

 

 

菊池寛真珠夫人』(文春文庫)

憎しみによって闇へと落ちてゆく女性がサスペンスも驚く追及的筆致で描かれている。大長編だが読みだしたら止まらない。

真珠夫人 (文春文庫)

真珠夫人 (文春文庫)

 

 

 

重松清『ゼツメツ少年』(新潮文庫

地球はみんなのものだから

どこにいたっていいんだよ

ゼツメツ少年 (新潮文庫)

ゼツメツ少年 (新潮文庫)

 

 

新庄耕『狭小邸宅』(集英社文庫

不動産営業マンの過酷な労働哲学。お仕事系の作品は最近流行っている気がする。

狭小邸宅 (集英社文庫)

狭小邸宅 (集英社文庫)

 

 

新庄耕「サーラレーオ」(『群像』2018年5月号)

私が次の芥川賞の候補だと踏んでいる作品。以下の記事に詳しい。

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

 

 

 

筒井康隆『旅のラゴス』(新潮文庫

ここ数年書店でよく平積みにされている。旅に出たくなること間違いなし。

旅のラゴス (新潮文庫)

旅のラゴス (新潮文庫)

 

 

 

つかこうへい『蒲田行進曲』『銀ちゃんが、ゆく 蒲田行進曲完結編』(ともに角川文庫)

第86回直木賞受賞作。銀ちゃんの生きざまにスターがスターたるゆえんを感じる。「ベンツに免許がいるかよ」

蒲田行進曲 (角川文庫 緑 422-7)

蒲田行進曲 (角川文庫 緑 422-7)

 
銀ちゃんが、ゆく―蒲田行進曲完結篇 (角川文庫)

銀ちゃんが、ゆく―蒲田行進曲完結篇 (角川文庫)

 

 

西加奈子『サラバ(上中下)』(小学館文庫)

第152回直木賞受賞作。以下の記事に詳しい。

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

 

 

町田康『くっすん大黒』(文春文庫)

氏の処女作。第116回芥川賞候補作。筒井康隆さんによってBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。これまでの日本文学とは決定的に異なる性質を持っている。電車で読んではいけない。

くっすん大黒 (文春文庫)

くっすん大黒 (文春文庫)

 

 

町田康『告白』(中公文庫)

個人的には氏の最高傑作だと考えている。第41回谷崎潤一郎賞受賞作。思弁的過ぎる熊太郎の現実と思考の乖離、その狭間で人が生きながらに死んでゆく。

告白 (中公文庫)

告白 (中公文庫)

 

 

町田康『ゴランノスポン』(新潮文庫

私が氏と出会ったきっかけ。町田康さんの入門者におすすめ。

ゴランノスポン (新潮文庫)

ゴランノスポン (新潮文庫)

 

 

宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』(KADOKAWA

第157回直木賞候補作。ファンタジーとしてはここ10年でも出色の完成度だと思う。

あとは野となれ大和撫子

あとは野となれ大和撫子

 

 

宮部みゆき『理由』(新潮文庫

第120回直木賞受賞作。小説は傑作なのだが映画が意味不明なことになっている。ただし大山のぶ代さんが台詞ありのエキストラとして出演しているので、その部分だけprimeビデオで確認してみてもいいかもしれない。

理由 (新潮文庫)

理由 (新潮文庫)

 

 

吉本ばなな『キッチン』(新潮文庫

氏の処女作品集。どこがどうよかったのか思い出せないが、1ページ目からぐっと心を掴まれたことだけは覚えている。

キッチン (新潮文庫)

キッチン (新潮文庫)

 

 

 

アニメ

SHIROBAKO

お仕事を頑張りたくなる作品。人生に疲れたことがある人ならだれもが120%共感できる。

 

Re:ゼロから始める異世界生活

近年流行りの異世界転生モノの先駆けにして最高傑作。以下の記事に詳しい。

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

 

マンガ 

小玉ユキ坂道のアポロン』(小学館

いろいろ難儀なことも多かったけどみんなが輝いていた時代の話。以下の記事に詳しい。

坂道のアポロン コミック 1-9巻 セット (フラワーコミックス)

坂道のアポロン コミック 1-9巻 セット (フラワーコミックス)

 

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

 

三部けい僕だけがいない街』(角川書店

 

セイ『パステル家族』(双葉社

やさしさだけでできている世界。あなたの大切なひとにもやさしさをとどけたくなるだろう。

パステル家族(8) (アクションコミックス(comico bookS))

パステル家族(8) (アクションコミックス(comico bookS))

 

 

高田康太郎ハレルヤオーバードライブ』(小学館

学生×バンド、なんてありきたりの設定ではあるが、さらにはそこに恋愛まで乗っかってきちゃうのだが、それでもなお白けることなくページを繰る手は止まらなかった。

 

ねむようこ午前3時の無法地帯(1)~(3)』『午前3時の危険地帯(1)~(4)』『午前3時の不協和音』(祥伝社

お仕事系第2弾。バリバリ働きながらも恋を生きることも全力なイラストレーターとそのまわりの世界。

午前3時の不協和音 (FEEL COMICS)

午前3時の不協和音 (FEEL COMICS)

 

 

 

 YouTube動画

井上涼「アイドルヶ丘」

NHK「びじゅチューン」などでおなじみの井上涼さん。解散するアイドルの悲哀は昨今のアイドル氷河期にもぴったり。過去記事はちょっぴり手抜きなのだ。


アイドルヶ丘

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

 

サイダーガール「パレット」

偏愛そのままに記事を書いたばかり。参考されたし。


サイダーガール“パレット”Music Video

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

 

 Stromae "Papaoutai"

本家はもちろん、Voice Kidsの子どもが歌っているバージョンもとてもよいものである。過去記事参照。


Stromae - Papaoutai


Рафаэлле, Катрина-Паула, Дарья - "Papaoutai"

tsunadaraikaneko-538.hatenablog.com

 

 日本イヤーエステ協会「アップで解説!気持ちいい~♪耳かきの使い方のコツ」

よく眠れる動画。声が優しくて耳かきの腕がすごすぎて動画見てるだけなのに眠りへの誘因力がすごい。語彙力を喪失して申し訳ない。しかしこの7分を眠らずに堪えられた猛者がいれば教えてほしい。東京へ引っ越すことがあれば絶対に通う。


アップで解説!気持ちいい~♪耳かきの使い方のコツ

 

(2018年5月13日現在)