象の鼻-麒麟の首筋.com

文学者になりきれず周縁部でおまつりさわぎをするの巻

違う

誰かに否定されることを極度に恐れている
拠って立つ自分がなく否定すなわち破滅となるから
親切心は人一倍でよく気が付くのにそれを行動に移せない
気持ち悪がられるのではと思うと
そこまで見てるなんて気持ち悪いと思われることを考えると
気付いているのに
行動に移せない
親切をせずに退出すると
自分が行動しなかったことで
何か不利益を被っていないか心配になる
害も益もないならそれでいい
何の影響も及ぼさないなら気が楽だ
しかしわかっていたのに防げたはずなのに
気付いていて見逃したことが
何らかの不利益をもたらしていないかと考えると
落ち着かない

怖さに克つのはいつだって勇気
そうだ勇気が足りないのだ
足りないから足そうと思っても
給油口も見当たらないし
補充液も売っていない
一念発起したとて
何をすれば勇気を得られるのか
わからない
無知は罪
無知は罪
罪なのか
すぐ罪だと思うから身動きを取れなくなる
身動きを取れないことを罪の意識の所為にしている
これだけ罪悪感があるから
もう見逃して
今ここから逃げること
今そこから逃げること
解き放たれることだけを考えて生きている
耐えれば嵐は過ぎる

世界中がそう言った
気付けば人に成っていたけど
中身はからっぽのまま
いつまでも満たさない
何も容れない
容器として存続している
苦しい
だから何
苦しい
だから許してほしい
だけど許されたら何になるのか
許しが欲しくて生きているのか
生きていたくなどない
死んではいけないから生きている
おなじ生きているなら面白可笑しい方がよかろう
これは正論
正論とは胸に核に届かない言葉の事を言う
正論が胸に届くとき
人はおおむね正常である
正常な人間などこの世にはいない
もはや正常であること自体が異常なのだ
しかし正常に近い人はいる
彼らは己が正義が世界を成り立たしめんとすることを知っている
正義は吾にあり
行脚行脚正義行脚
ロヒンギャどついて行脚行脚
正義などすべて個人の価値観に過ぎない
なのに常識志向の人々は基準を作らなければ気が済まない
逸脱する何物も許容しない
これこそ罪である
罪とは他人へ危害を加えるの愚行なり
すなはち凡ての人間は罪を負っている
生まれ来るとき母は腹を痛める
その時点で罪を負っている
罪負い人は己が罪に気付けば煩悶に苦しむ
何人も罪から逃れたいと欲する
これは呼吸をするのと等しく生理的反応である
食欲色欲に勝る本能である

呼吸さえ凌駕する強烈な願望である
罪を自覚した時点で人は二手に分かれる
一つは罪を負う苦しみに耐える者
一つは罪を贖う意志を持つ者
畢竟罪は減らないのが世の常

罪は殖え続けるのが世の常であるが
贖う意志を持った者は生きることに前向きになることが多い

苦しみに耐えるべく意志を固めた瞬間に生からの逸脱は完了しているのだ
苦しみに耐えるということは
苦しみをすべて己が躰に負うということ

凡ての人間は等しく負っているのだが
その事実と常に
常に正面から向かい合い続けるということだ
息が詰まる
息が詰まれば畢竟人は死ぬ
じゃあどうすればいいの